2016年09月01日

田舎暮らし格安物件(土地・古民家)賃貸活用で出来る事は自分の命は自分で守る危機管理

平成28年の日本列島も熊本地震だの台風10号だの、大きな災害が多発している。

こういう時に、近隣の田舎田舎暮らし用の格安物件土地古民家賃貸でも別荘として持っていれば、避難生活の場として非常に役立ったと思う。

台風や大雨は、天気予報で少なくても半日前には被害の有無の予想が分かるであろうから、そういう時は迷わず近隣の田舎に用意してある田舎暮らし用の格安物件の土地か古民家の賃貸の別荘へ行って避難していれば良い。

しかしながら現実は、まだまだ公的機関から、避難勧告や避難指示が出るのを待っている人々がほとんどだ。

公的機関から避難勧告や避難指示が出されないまま、被害に遭って亡くなられた方々が、ここ数年で増加している。

それでも、公的機関から避難勧告や避難指示が出るのを待つか、それとも田舎田舎暮らし用の格安物件土地古民家賃貸でも別荘として用意して、そちらへ自主的に早目に避難するかは皆様の自由ですが、特に健康な方々は、親から譲り受けたかけがえのない自分自身の命を他人任せにする様な行動だけはとってもらいたくないと思います。
posted by okosshi- at 00:02| 東京 ☀| 田舎暮らし格安物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする