2016年02月13日

古民家物件の格安賃貸活用で東京で都会暮らしをする人、田舎暮らしをする人

古民家物件の格安賃貸の東京暮らしで医療費を無駄使いする人、田舎暮らしで医療費を使わない人


30歳台位までは、古民家物件の格安賃貸活用東京で都会暮らしをしても、田舎暮らしをしても、同年代の人と比べてたいして相違は感じられないが、40歳台位からは明らかな相違が見られる様になる。

男性の場合、古民家物件の格安賃貸活用で東京で都会暮らしをする人の下腹はどんどん前に出るようになり、古民家物件の格安賃貸活用で田舎暮らしをする人の下腹はどんどんへこんで来るって具合です。

東京で都会暮らしをする人は、通勤に時間がかからないので、余った時間で毎日飲んだり食ったり、タバコの煙むんむんの狭い部屋で翌朝出社間際まで麻雀にふけったりで、東京都の医療費を使いまくる日々を過ごすこととなる。

一方、古民家物件の格安賃貸活用で田舎暮らしをする人は、通勤に時間がかかるので、退社後はまっすぐ家に帰るしかないが、毎週土日は家庭菜園を耕したりして健康的な日々を過ごしているので、田舎の町や村の医療費はほとんど使わない。

あなたなら、どっちの暮らし方を選びますか?。



19P4240072.JPG
posted by okosshi- at 22:15| 東京 ☁| 田舎暮らし格安物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。